ここでは、税理士の金銭事情についてお話しします。

儲かるのか?

実際税理士は儲かるのか、という答えですが、収入は人によって異なります。どの仕事でもそうですが、税理士の格差は他のよりも幅が広くなっています。平均的な収入は、916万円。1000万円以上稼ぐことのできる税理士もいれば、300万円以下の収入しかない税理士もたくさんいます。その理由として、税理士は人気職業だからです。税理士になるための試験も合格に期限がないので社会人で働いているとしてもいつかは税理士になることができます。そのため今では、7万4000人もの人が税理士となっています。また、独立開業がしやすいので税理士の人口は年々増加の一方です。そのために収入の差が広がっているので、今までのやり方だけはいけないことがわかります。

税理士の未来

税理士で成功するには、今までと違う方法で活躍いないといけません。外国人が増えることから、英語を話せるのはもちろん、中国語や他の言語も使えるようになるとより良いですね!他にも、一般の方に利用してもらえるような広告を出すなど、今までと一風変わった税理士のやり方が求められるのではないでしょうか。
さらに、今第一線で活躍している税理士の方に負けないような精神力とガッツが必要となります。今の税理士は60代が半数以上となっており、高齢化が進んでいます。20代は0.6%と比べてみるととても少ないです。サラリーマンと違って定年がないので、自分から仕事を掴むガッツと諦めない心も必須となっています。
これから目指される方は、負けずに頑張ってください!