ここでは、税理士になるには何が必要か、についてお話しします。

試験を受けるための条件

ここでは、税理士試験を受けるための条件についてお話しします。税理士になるためには、3つの分類に分けられている「受験資格」に該当している必要があります。
1つ目は「学識による受験資格」です。
1:大学や短期大学の卒業者であり、法律又は経済に関する科目を1科目以上取得した者。 
2:大学で、法律又は経済に関する科目を1科目以上を含み、62単位以上取得した者。
3:指定の専修学校を卒業、法律又は経済に関する科目を1科目以上取得した者。
4:司法試験に受かった者。
5:公認会計士試験の一部に合格した者。
以上の5点のいずれかを満たした人が受験資格を得られます。
 2つ目として、「資格による受験資格」です。
簿記検定1級や合上級合格者(ただし昭和58年以降の合格者)
以上の2点のいずれかを満たしている人が受験資格を得ることができます。

条件の続きと試験内容

ここでは、条件の続きと試験内容についてお話しします。
受験資格の3つ目の条件は、「職歴による受験資格」です。
1:企業で会計に関する業務に2年以上従事した者
2:銀行や保険会社などで、資金の貸付や運用に関する業務に2年以上従事した者
3:税理士・弁護士・公認会計士の業務を補助する業務に2年以上従事した者
以上の3点のいずれかを満たす人が受験資格を得ることができます。

さて、続いて試験ではどのようなことを問われるのかについてお話しします。
試験では、会計学と税法に関する知識が問われます。会計学2科目、税法に関する科目の3科目の合計5科目に合格すると、合格者となります。
会計学では、簿記論と財務諸表論の2科目となります。税法では、必修が所得税法と法人税法のいずれ2つ、その他で合計3科目に合格することが求められます。