ここでは、税理士とは何か、についてお話しします。

税理士の仕事とはなにか

それでは、税理士の仕事を紹介して行きましょう。税理士の仕事の範囲は広すぎるので、大まかなものですが紹介して行きますね。
まず、「税務代理」というものがあります。企業の社長さんやオーナーに変わって、確定申告や税務調査の立会いなどの税金に関わる仕事をしてくれます。さらにこれに関わる書類などの作成も業務内容に入ります。これは、皆さんが想像しているような税理士のお仕事に近いのではないでしょうか。
次に「財務相談」です。税金に関して困ったことや、疑問に思った時などに相談に応じてくれます。お金がかかってしまいますが、低価で相談に乗ってくれますので、どうしてもわからないことがあれば聞いてみることも、有効です。何かが起こってからでは遅いのが税金に関する問題です。信用問題にも関わりますので、「早め」に相談しましょう!

これからの社会の税理士

これからの税理士の仕事、ということで未来のためにも税理士は仕事を担っています。それをこれから紹介していきます。税理士は税金のスペシャリストです。そんな税理士はその知識や経験を生かして様々な仕事をしています。
まずは、「課税教育」です。税について膨大な知識を持っている税理士ならではの仕事です。これは、将来を担っていく子どもたちに対して、税に関する教育をすることです。幼い頃から税に関して学んでいくことで、これから起こるであろう問題に対処できるような力を身につけることができます。
次に、「税制の提言」です。国の税に関する制度やルールに関しても税理士の力を国は借りています。その提言したものは「税制改正建議書」という名前で、私たちの生活を良くするために日々改善されています。