税理士は儲かる!?

税理士は儲かる仕事なのか

ここでは、税理士の仕事内容についてお話しします。

税理士とは、人と人との関わりの仕事だと思います。税理士の方は、それぞれ大きな企業の方と、はたまた個人で営業している方とのお仕事をしていたりと、どんな職業・規模のお客様であろうと親身になって相談や税に関する提案をしています。税理士には、大きく2つの役割を担っています。
1つ目は、身近な税に関するスペシャリストとして、人々の暮らしのパートナーとして存在しています。健康のことなら医者、家のことなら建築会社や不動産、勉強に関することなら教師や塾の先生に聞きますよね。では、税のことは税理士に聞くことが一番です。不安なことがあれば、事前に相談することで取り返しのつかないことを避けることができるかもしれません。税理士の方々は親身になって相談を受けてくださるので、信用もできますし、対応も早いので安心できます。
2つ目は、住みやすく人々にとって税の負担に差が出ないような暮らしを守ることです。時代や社会のルールによって税の負担や種類が異なってきます。払わないといけなくなった税金もあれば、払わなくてもよくなった税金など時代によって様々です。そんな中で、税金に関する知識がなければ、捕まってしまったり、余計に払ってしまっている可能性もあります。そんな時に、行政を監視してくれているのが税理士です。税理士には「税理士会」という組織があり、上記で述べたことが起こらないように監視・対策をしてくれています。
税の専門家である税理士は、国民のためにある存在です。信頼関係で成り立っているお仕事となっています。

ここでは、税理士とは何か、についてお話しします。

税理士の仕事、というと税金を扱った仕事というイメージをお持ちではありませんか?その通りです!税理士は、企業や不動産オーナーだけでなく個人事業主の方々など幅広く税に関する仕事を任されています。そんな税理士さんのお仕事内容についてここでは、お話ししていきたいと思います。

ここでは、税理士になるには何が必要か、についてお話しします。

税理士というと、会計士や弁護士と同様に資格がいるお仕事となっています。税理士になるためには「税理士試験」というものを受ける必要があります。税理士試験を受けるだけでも多くの条件が必要になってきます。ここでは、必要条件から試験の内容に関して少しお話しして行きます。

ここでは、税理士の金銭事情についてお話しします。

さて、ここで本題の「税理士は儲かる仕事なのか」についてお話ししようと思います。 これまでに、仕事の内容や税理士になるためにはどうすればいいのかについてお話ししてきました。実際の仕事内容からも読み取れる部分もありますが、ここではさらに1つの仕事あたりどのくらいの金額なのかについてお話ししようと思います。